歴史に残る三菱のディスプレイ

三菱ディスプレイは、長きにわたってパソコン用ディスプレイの大人気商品として個人や企業から重宝されてきました。

ディスプレイメーカーは数多くありますが、なかでも三菱ディスプレイは技術力に優れていることが特徴で、粗い画像でも美しく表示させる超解像技術をはじめとする高画質化技術は他社の追随を許さない完成度を誇っていました。

また、発売する製品ラインナップも豊富で、最先端の技術を搭載したフラグシップモデルからこなれた技術で高品質とリーズナブルな価格を両立させた普及モデルに加え、リモコンを付属させたテレビも出るなどユーザーの選択肢を広げてくれる商品展開を行っていたため多くのファンを獲得していました。

ところが、2013年末を持って三菱はディスプレイ事業から撤退することになります。海外勢の日本進出と品質よりも価格を優先する風潮によって販売数が減り、十分な利益を得られなくなったことが原因です。

しかし、これまでに三菱ディスプレイが蓄積してきた技術は日本のメーカーであるアイオーデータ機器に提供されることになりました。超解像技術はもちろん、基板そのものや製品の制御を行うファームウェアの開発まで徹底した技術供与を受け、三菱ディスプレイの流れを汲む製品が再び市場に登場することになりました。

この提携により、三菱がディスプレイ事業から撤退したあともユーザーは高品質なディスプレイを継続して使い続けることが出来るようになったのです。