高解像度のディスプレイを搭載するiPad

iPadはノートパソコンよりもカジュアルに使える新型のデジタル機器です。

かつてデスクトップPCが主流だった時代、新しく発売されたノートパソコンがモバイル系の端末として人気でした。

ノートパソコンはデスクトップPCよりも軽量かつ薄型、更にはケーブルを接続しなくても利用可能です。

そのため、当時は多くのビジネスマンが挙ってデスクトップPCからノートパソコンに乗り換えました。

しかし、近年では更に軽量で薄型、更には使い勝手に優れたiPadが市民の間に普及し、多くのユーザーは更にノートパソコンからiPadへと乗り換えています。

安価なWi-Fiモデルもあれば、大手通信会社と契約する事でスマートフォンのように使えるセルラーモデルもあります。

ディスプレイがモバイル系の端末の中では圧倒的に高品質なのも、iPadが大勢の人々に選ばれている理由です。

モバイル系の端末は携帯性に優れている反面、ディスプレイの解像度が悪い事が多く、細かな文字やグラフが確認し難いデメリットがあります。

しかし、iPadは他に類を見ない高解像度を誇っており、文字や画像、映像など、ありとあらゆるコンテンツの表現力に長けています。

画面サイズこそ一般的なPC用ディスプレイよりも小さいですが、タッチ操作で閲覧しているファイルを拡大する事ができ、高解像度ですので拡大しても文字が潰れて読みづらい、というデメリットはありません。

iPadは普及率が非常に高いため、電子書籍や新聞アプリなどが充実しており、ビジネスマンに嬉しいポイントが多々あります。